きっぷ なんでも屋さん NEXT

パソコンを新調し、更新再開しました。

小田急電鉄  「ロマンスカーミュージアム入館券」

4月19日、小田急電鉄海老名駅に隣接した「ロマンスカーミュージアム」がオープンしました。

小田急電鉄待望の博物館で、通勤型1車種1両、特急型5車種10両、計11両の実車が展示されています。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、オープン当初より、完全予約制となっています。

15分間隔で予約出来、当日は15時15分入場を予約しました。

入口を入ると券売機があり、ここで入館券を購入します。

 

f:id:kippu-nandemoya:20210603191104j:plain

 

↑ 「ロマンスカーミュージアム入館券」です。

サイズは、57.5mm×92mmです。

係員氏曰く、図柄は5種類あるとのことです。

尚、券面下部の穴は、改札時のパンチ穴です。

 

f:id:kippu-nandemoya:20210603191217j:plain

 

↑ 裏面です。

オープン以来、再入館は出来ません。

 

f:id:kippu-nandemoya:20210603191255j:plain

 

↑ 領収書です。

サイズは、57.5mm×83.5mmです。

領収書は両面共に、図柄や地紋はありません。

 

f:id:kippu-nandemoya:20210603191338j:plain

 

↑ 「ロマンスカーミュージアム」入口です。

海老名駅よりデッキで繋がっているので、入口は2階です。

 

改札を受け、すぐに1階に下りると、唯一の通勤型「モハ1形」が鎮座しています。

その奥、薄暗い通路を抜けると・・・。

 

f:id:kippu-nandemoya:20210603191411j:plain

 

↑ 「3000形SE」「3100形NSE」「7000形LSE」の並びです。

ただただ壮観です。

この場所は人気が高いので、常に人が居る状態でした。

 

f:id:kippu-nandemoya:20210603191506j:plain

 

↑ この展望車の並び、良いです。

 

f:id:kippu-nandemoya:20210603191552j:plain

 

↑ 「3000形」と「3100形」は3両編成で、反対側は形状が異なります。

「3000形」は、「SE」より「SSE」の方が馴染み深いです。

 

f:id:kippu-nandemoya:20210603191627j:plain

 

↑ 「10000形HiSE」は、連接台車が観察出来ます。

 

f:id:kippu-nandemoya:20210603191704j:plain

 

↑ 「20000形RSE」は、大きさに圧倒されます。

 

オープン初日、一番混雑したのは、グッズショップ「TRAINS」でした。

「1時間待ち」という案内の行列に並び、実際には40分程で店内に入れました。

 

次回は、空いている時を見計らって、訪問したいと思います。