きっぷ なんでも屋さん NEXT

次回の収集旅行は、12月中旬、湖西・丹鉄収集旅行です。

富士急行  「富士山ビュー特急 スイーツプラン乗車証」 9

先月、秋メニューになった富士急行のスイーツ列車に乗車して来ました。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191205231456j:plain

 

↑ 「富士山ビュー特急2号 スイーツプラン乗車証」です。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191205231911j:plain

 

↑ 秋メニューです。

 

「富士山ビュー特急2号」は、河口湖駅9時41分発です。

朝早い時間でしたが、私の他に、小さな子供連れの家族も乗車していました。

江ノ島電鉄  「りんどう入場券」

江ノ島電鉄の「花シリーズ」入場券、11月は「りんどう入場券」です。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191203204613j:plain

 

↑ 藤沢駅入場券です。

B型の硬券です。

日付は、ダッチング風の日付印です。

増税後初の「花シリーズ」入場券です。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191203204634j:plain

 

↑ 江ノ島駅入場券です。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191203204650j:plain

 

↑ 鎌倉駅入場券です。

鎌倉駅の入場料金は、JR東日本と同じで140円のままです。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191203204706j:plain

 

↑ 裏面です。

 

11月1日より発売され、藤沢駅江ノ島駅は300枚、鎌倉駅は400枚限定です。

江ノ島駅発売分が最後まで残っていましたが、先日の「タンコロまつり」で完売したようです。

小田急トラベル  「8000形界磁チョッパ車で行く!鉄道体験ツアー 記念乗車証」

f:id:kippu-nandemoya:20191201182059j:plain

 

11月2日、小田急電鉄の団体列車に乗車して来ました。

2編成残る、8000形界磁チョッパ車を使用した団体列車です。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191201181836j:plain

 

↑ 「8000形界磁チョッパ車で行く!鉄道体験ツアー 記念乗車証」です。

はがきサイズの常備券です。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191201181909j:plain

 

↑ 号車指定カードです。

 

当日は、海老名車両基地内で集合し、検修庫内59番線より乗車です。

使用車両は、8251の6両編成です。

2号車はサイレンスカーで録音機材置き場として使用され、車庫線内では、床下点検蓋が開放されました。

検修庫内では、検修社員による出庫整備点検の実演や通常・常用最大・非常の各制動扱いの実演もありました。

 

本線運転は、海老名駅5番線から出発し、秦野駅1番線で折り返して、海老名駅5番線に戻る1往復です。

 復路は試運転行路として、様々な力行、制動を繰り返し、最後に相模川橋梁上で非常制動で停車しました。

団体列車とは言え、試運転行路は貴重な体験であり、乗務員が企画した団体列車ならではです。

 

海老名駅到着後は59番線に入庫し、そこで撮影会です。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191201182130j:plain

 

↑ 狭い検修庫内で人が写り込まないカットは、これが限界・・・。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191201182159j:plain

 

↑ 58番線と59番線は、海老名車両基地の一番西側です。

 

最後にサプライズイベントとして、SE車がいないSE庫の開放、撮影会です。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191201182220j:plain

 

↑ 新宿方から2600形。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191201182245j:plain

 

↑ 9000形。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191201182314j:plain

 

↑ 9000形と連結しているので顔が見難い2200形。

 

乗務員が企画したからこそ出来た、出庫整備点検から試運転行路まで。

唯一の不満と言えば、撮影会の場所でしょうか。

乗務員氏曰く、「とある列車の為に、この場所しか出来なかった」とのことで、この日の夜に、とある列車が海老名へ・・・。

東急電鉄  出札補充券 2

昨夜は、海老名駅前の東横インに宿泊。

今朝、相鉄の記念入場券を購入後、「そうにゃん」を激写しつつ、新宿行始発列車に乗車。

羽沢横浜国大駅では、合計2時間40分並び、硬券入場券と出札補充券を無事に購入(券売機券は諦めました・・)し、江ノ電の「タンコロまつり」へ。

「タンコロまつり」では、江ノ電グッズの購入列が長く、もう行列に並びたくないので、早々と退散。

今日1日で購入したきっぷ類は、記念入場券→硬券入場券→補充券→補充券→硬券入場券→補充券→記念乗車券です。

この流れは、何れ記事にて。

 

さて。

本題です。

 

東急電鉄のつづきです。

 

南町田グランベリーパーク駅では、出札補充券も購入しました。

 

 f:id:kippu-nandemoya:20191130214753j:plain

 

↑ 南町田グランベリーパークから中央林間までの乗車券です。

出補での発行です。

地紋は、PJR地紋です。

発行駅、補充式です。

 

 f:id:kippu-nandemoya:20191130214950j:plain

 

↑ 裏面です。

 

東京急行電鉄時代と比べると、会社名の変更はもちろんのこと、裏面が簡素化されています。

訪問当日はグランベリーパーク開業前で、駅構内も工事中で閑散としていました。

東急電鉄  券売機券

東急電鉄田園都市線南町田グランベリーパーク駅を訪問した際、長い駅名の券売機券が気になり、何枚か購入しました。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191126221044j:plain

 

↑ 南町田グランベリーパーク駅入場券です。

券紙は、PJR地紋の磁気券です。

注意書きよりも小さくなってしまった駅名。

駅名上部のスペースが気になりますが、理由もあります。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191126221059j:plain

 

↑ 南町田グランベリーパーク→130円区間までの乗車券です。

乗車券には英語表記が印字される為、同じフォーマットの入場券では、その部分が空欄となっています。

南の「M」も小さすぎて、「W」に見えてしまうのは、私だけでしょうか・・・。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191126221122j:plain

 

↑ 南町田グランベリーパークから(中央林間)→小田急線130円区間までの連絡乗車券です。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191126221146j:plain

 

↑ 南町田グランベリーパークから(長津田)→こどもの国線160円区間までの連絡乗車券です。

連絡乗車券では、さらに駅名の文字が小さくなります。

 

次回につづきます。