きっぷ なんでも屋さん NEXT

「東武プレミアムファンフェスタ」の団体列車、価格が高騰し過ぎでは・・・?

岳南電車  「岳鉄運転体験参加証」

岳南電車では、昨年実施したクラウドファンディングが目標を達成し、今年度より運転体験を実施しています。

実施場所は吉原駅構内で、実施日は午前と午後の2部制です。

8月20日午前の部に参加して来ました。

 

 

↑ 「岳鉄運転体験参加証」です。

96mm×85mmサイズの常備券です。

 

午前の部は、9時までに受け付けを済ませます。

 

 

↑ この日は7003号での運転体験です。

 

 

↑ 前面行先表示幕にも「運転体験」幕が収納されています。

 

 

↑ 横サボもあります。

 

 

↑ 吉原駅2番ホームには、参加者以外入れません。

 

7003号の車内にて参加者6名は、運転士より講習を受けます。

この日の運転士は、岳南電車のイベントではお馴染みの山田運転士、厚木運転士です。

講習終了後は休憩を挟み、運転体験実施場所に移動します。

 

運転体験は、吉原駅構内貨物1番線です。

吉原駅は1面2線の旅客線の他、岳南江尾方に貨物1番線(貨物出発)、貨物2番線(貨物到着)、留置線の3線があります。

貨物営業終了後、10年間使用していなかった貨物線を整備し、運転体験が実施出来るようになりました。

貨物1番線までは、入換運転となります。

入換信号が無い為、操車担当社員の入換指示にて運転します。

 

 

↑ 岳南江尾方より、貨物1番線に入換中。

 

 

↑ 運転体験用の停目です。

貨物1番線は、架線の張り替え、ATSの設置、PC枕木の導入等の整備が実施されました。

また、吉原方はJR東海と繋がっている為、バラストでの車止めも設置されています。

右側の線路は東海道線の上り1番線で、運転体験中も吉原駅停車の貨物列車が、普通に通り抜けて行きます。

 

 

↑ 運転席からの運転士目線です。

 

 

↑ 運転体験の様子です。

運転は、貨物1番線を片道100m運転出来ます。

岳南江尾方は本線と繋がっているので、安全側線がありますが、安全上、運転士が運転して移動します。

その為、参加者は片道のみ運転可能です。

 

速度は15km/hまで、ノッチも1ノッチまで投入可能です。

運転体験用に特製レバーサーを使用しており、物理的に2ノッチ以上投入出来ないようになっています。

 

 

↑ 本線を走行する9000形です。

吉原駅構内に定期列車が進入中(場外へ進出するまで)は、運転体験が中断されます。

この間、運転士と参加者との情報交換(という名の雑談・・)や乗務員室の撮影が出来ます。

同時に、カードタイプの運転体験参加証が配布されます。

 

約2時間の間、最低でも1人4回の運転が可能です。

運転体験終了後、再び、旅客2番線に入れ換えます。

 

 

↑ 本線側に分岐器を転換する操車担当社員です。

 

講習時間を含めると、約3時間です。

参加費は1人15000円で、当日用の1日乗車券、後日用の1日乗車券、グッズやテキスト等が含まれます。

10月以降は未発表ですが、今後も確実に参加したいと思います。