きっぷ なんでも屋さん NEXT

大井川鉄道、もはや人災では・・・。

銚子電気鉄道  「きらっせ令和 メモリアル記念日入場券」

今年は、令和元年。

令和1年11月1日や令和1年11月11日と、所謂「1並び」の日がつづきました。

しかし、きっぷ類の日付は、西暦表記の会社が主流となっています。

平成の時ほど、個人的に盛り上がりに欠けたのは、西暦表記の会社が多くなったのが原因だと思っています。

 

11月の「1並び」の時は、記念きっぷの収集が中心となりました。

ダッチング器で刻印した硬券が欲しいと思い、関東交通印刷の通信販売で銚子電気鉄道硬券入場券を購入しました。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191229224035j:plain

 

↑ 「きらっせ令和 メモリアル記念日入場券」の台紙です。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191229224157j:plain

 

↑ 犬吠駅入場券です。

D型の硬券です。

地紋は、PJR地紋です。

日付は、ダッチングでの対応です。

令和最初の日です。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191229224249j:plain

 

↑ 犬吠駅入場券です。

令和1年11月11日の「1並び」です。

 

f:id:kippu-nandemoya:20191229224318j:plain

 

↑ 裏面です。

 

関東交通印刷の「硬券ショップ」では、上記2種類の日付の他に、令和2年2月2日の「2並び」も発売しています。