きっぷ なんでも屋さん NEXT

大井川鉄道、もはや人災では・・・。

JR東日本  中野駅指定席券売機発行 契約乗車票

先日、東北新幹線七戸十和田駅指定席券売機がMV50型に置き換わり、JR東日本管内より熱転写式の指定席券売機が消滅しました。
首都圏で最後まで残ったのが、中野駅池袋駅です。
様々な乗車券類を購入してきましたが、熱転写による契約乗車票(○契)が手元に無かったので、正月休みにガーラ湯沢駅へ行って来ました。

イメージ 1


↑ 中野駅指定席券売機発行、高崎からガーラ湯沢までの「たにがわ83号」乗車票です。
高崎駅乗換改札口は、「(継)高崎駅」という珍しい入鋏印です。

イメージ 2


↑ 中野駅指定席券売機発行、ガーラ湯沢から高崎までの「Maxたにがわ410号」乗車票です。

イメージ 3


↑ 中野駅指定席券売機発行、バウチャー券です。
今回は、ガーラ湯沢スキー場日帰りツアーを申し込みました。
このリフト1日券がメインですが、私はガーラ湯沢駅に行っただけなので、未使用で残っています。

高崎駅からガーラ湯沢駅まで往復しただけで、15300円です・・・。
しかも、滞在時間10分・・・・・。

価格はさておき、券面に違和感があります。
「たにがわ83号」の乗車票、無効印に隠れて見難いので。

イメージ 4


↑ 使用前がこちら。
券面右下に、「□再」印字があります。
所謂、再製券です。
発券当日、中野駅みどりの窓口内に3台あったMV30型の一番右側、「中野駅MV6」で発券しました。
すると、発券途中に券売機が止まり、奥から警報音が聞こえます。
これは、もしかして!?

 駅)申し訳ありません。
 私)クレジットカードで発券中、止まりました。
 駅)途中で詰まってしまいました。お時間いただいて大丈夫ですか?
 私)(再製券が期待出来るので)全然待ちます!

5分程して対応が終了し、券面を確認すると、1枚目が再製券でした。
熱転写の契約乗車票が再製券、15000円も払った甲斐があります・・・。