きっぷ なんでも屋さん NEXT

6月の予定:野岩・小田急ツアー・6並び・小田急ツアー・小田急ツアー。

東武鉄道  「東武アーバンパークライン船橋~柏 開業100周年記念号 記念乗車証」

12月の第1日曜日、12月3日に、毎年恒例の「東武ファンフェスタ」が開催されました。

今回も、臨時電車ツアーに参加しました。

新型特急「スペーシアX」を使用したツアーを期待していたのですが、動態保存から野田線に転属した8111編成でした。

 

 

↑ 「東武アーバンパークライン船橋~柏 開業100周年記念号 記念乗車証」です。

D型の硬券です。

地紋は、「2023 TOBU FAN FESTA」オリジナル地紋です。

日付は、ダッチング風の印刷です。

 

 

↑ 裏面です。

 

2022年の前回は、南栗橋駅まででしたが、2023年の今回は、以前のように南栗橋車両管区まで乗り入れました。

 

 

↑ 船橋駅の発車案内板です。

東上線と同じで、団体表示が出来ないようです。

その為、停車中に誤乗した一般の方も居りました。

 

 

↑ 側面行先表示です。

 

柏駅春日部駅で、途中参加の方が乗車します。

春日部駅ではトイレ休憩の為、少々停車します。

 

 

↑ 撮影会の車両群です。

前回もですが、8111編成以外の余計なヘッドマークは不要と思います。

 

 

↑ 8111編成は、ヘッドマークの交換や幕回しも実施されました。

 

さて。

毎年参加している臨時電車ツアーですが、南栗橋車両管区到着後、撮影会までの移動がグダグダで酷すぎました。

普段は日光方の昇降台から降りて、車両基地内を通り、撮影会会場に移動します。

今回も日光方昇降台から降りたまでは良かったのですが、その後何故か、一般入場で混雑する会場内に突入。

混雑で身動きが取れないでいると、いつの間にか東武商事の列と一緒になってしまい、東武商事のスタッフに注意される始末。

結局最後まで、混雑に揉まれながらの移動を強いられました・・・。

 

そもそも、東武トップツアーズのスタッフも毎度足りていないし、東武鉄道社員との連携も取れていないし、その辺りは永遠の課題と思います。

 

撮影会は今まで15分間だったのが、今回は25分間でした。

ただ、ヘッドマークの交換や幕回しをしてしまったので、8111編成の前に参加者が集中してしまい、「譲り合ってお願いします」の声も届きません・・・。

 

臨時電車ツアーでは、記念品が配布されますが、今回は「スペーシアX」の抱き枕。

大きさが大きい為、後日、発送されるということでした。

 

 

↑ 比較用に、GSEのNゲージを並べました。

抱き枕って、こんなに大きい物なんですね・・・。

 

東武ファンフェスタ」編は、次回につづきます。