きっぷ なんでも屋さん NEXT

パソコンを新調し、更新再開しました。

JR東日本  大崎駅発行 連絡乗車券<途中下車印収集>

3月のダイヤ改正で、JR東日本の651系特急電車が引退しました。

651系には、常磐特急時代は幾度も乗車、高崎線では「草津号」で度々乗車しました。

引退前に「スワローあかぎ号」に乗車したい、出来れば上りの新宿行に乗車したい、でも朝が早いので前泊して、と考えた結果、乗車券を120mm券にしました。

 

 

↑ 大崎駅発行、東大宮から東北沢までの連絡乗車券です。

経由は、東北線両毛線上越線高崎線東北線埼京線赤羽線)・山手線・中央東線横浜線・相模線・東海道線御殿場線小田急電鉄です。

 

途中下車印を収集した駅は、下記の通りです。

 

古河・小山・前橋・高崎・新宿・八王子・橋本・茅ヶ崎・平塚・松田・向ヶ丘遊園・経堂・豪徳寺

 

前橋駅前の東横インに宿泊し、特急「スワローあかぎ6号」に、高崎駅から新宿駅まで乗車しました。

小田急線内は、3駅で途中下車しています。

向ヶ丘遊園駅の途中下車印は、北口は「向ヶ丘遊園」に変更されていましたが、今回下車した南口は、「遊園南」のままでした。

 

 

↑ 高崎駅出発前の「スワローあかぎ6号」です。

 

 

↑ 651系の側面行先表示幕と停目です。

 

さて。

この連絡乗車券、購入場面ですったもんだがありました。

 

購入した2月12日は日曜日で、訪問時点で2窓ある内、F2窓口のみ営業していました。

若い男性出札氏に、経由を記入したメモ書きを渡します。

 

出)・・・時間が掛かるので、出来上がったら連絡します、連絡先を。

私)いや、そんなに複雑ではないので、出来ませんか?待ちますけど。

出)JR線だけなら、すぐ出せるんですけど。

私)JR線が出せるなら、小田急線を付け足すだけなので、出せますよね?

出)他にお客さまもいるので!

私)(ブース内を見渡し)・・・私しか居ませんけど・・・。

出)最善を尽くしますけど!

私)(最善を尽くすって・・・)

 

ここで初めてマルス端末に区間を入力。

後は経路入力を・・・・・しない!

出札氏、メモ書きを持って、裏に消えます。

待つこと、5分少々・・・。

 

出)他の社員にお願いしたので、出来たら連絡します、連絡先を!

私)あの、待ちますよ・・。

出)じゃあ、そこで待ってて下さい!!

 

ということで、みどりの窓口ブース内の隅っこで待ちます・・・。

その後、閉まっているF1のマルス端末から、「カタカタ」と音がします。

本当に、他の駅員氏が入力している模様。

そして小声で「出来たから」とF2出札氏に声を掛け、F2出札氏も小声で「ありがとうございます」。

F2出札氏が閉まっているF1窓口を開けて、「出来ました!」。

「いや、あなたは何もしてないでしょ!」と、声が漏れる寸前でした・・・。

 

度々、経路入力が必要な乗車券を依頼しますが、経路入力に辿り着かない出札氏は、流石に初めてです。

このようなことがあったので、入場券やりんかい線単独券は、後日購入した次第です。